「ほっ」と。キャンペーン

武井301A 延長ゴトク作成

武井バーナー301Aセットを去年から使っていますが、メーカーによるとヒーターの上はコッヘル程度で、重たい鍋等を載せての調理はできない、ということになっています。

その禁を破ってちょっとお湯を沸かしたり、鍋暖めなおしたりと便利に使っていましたが、やっぱりちょっとバーナー部分が斜めになってしまったようです(凹
やっぱりバーナー部だけでヒーターを支えているし、更に熱が加わると曲がりやすくなるのでしょうね。武井君をお持ちの方はお気を付けくださいませ~。

せっかく調理等々できそうなのに何とかしたい!と思っている方が多いようで、色々な自作ゴトクがWeb上にたくさんUpされています。

よくあるのが板に4本支柱をつけて上に焼き網などを乗っけるパターンですが、どうも収納性が悪いしなあ、と思って更に調べていたらなんとも素晴らしいアイデアのゴトクを作成されている方がいらっしゃいました。

それがこちら↓
流浪の髪切職人

sam!さん、すばらしいアイデア大変参考にさせていただきました。ありがとうございました!
(勝手に参考にさせていただいてしまってスミマセン..)



用意するのは以下のもの。
c0012304_12522556.jpg

・グラインダー(+金属切断用砥石)
・直径6mm、長さ1mのステンレス棒
・万力
・ペンチなど

これだけです。
グラインダーはホームセンターかなんかで借りようと思ったけどコーナンで1,780円で売っていたので思わず購入。
万力も確か780円でした。


<作り方>

1. ステンレス棒切断
まずはグラインダーで1mのステンレス棒を3等分に切断します。

2.ステンレス棒曲げ
端から6cmくらいを万力で固定し、力技で直角に曲げます。
なかなか曲がらないという情報もありましたが、結構あっさり曲がりました。
ただ、安物万力を買ってしまったので安定せず、ちょっとやりづらい部分もありました。
万力を用意するなら大きめで安定したやつのほうが作業はしやすいと思います。

3.長さ調節
作ったものを武井君にセットしたら、ヒーター上部中央で干渉してしまったため、短いほう(上部側)を2cm切断しました。

4.ヒーター固定用のバネ穴用にステンレス加工
c0012304_13124743.jpg

ヒーター上部は3本のバネで本体に固定するようになっていますが、ゴトクをセットしてしまうとこのように干渉して引っ掛ける場所がなくなってしまいます。
ここが一番皆さんが苦労されているところのようです。

そこでいったんゴトクを武井君にセットして、ヒーターを固定する用のバネを引っ掛けるところに油性ペン等で印をつけます。

c0012304_13182922.jpg

印をつけたら万力に固定して、印部分からちょっと上のほうを5mmほどの幅、2mmほどの深さでグラインダーで削ります。

c0012304_13205366.jpg

3本同じように削ってこんな感じにします。
強度的には問題ないようです。

c0012304_13272156.jpg

これはちょっと上に上げていますが、このようにバネをセットする側に削った方をセットすればうまくバネがかかるはずです。
が、なかなかうまくかからない(^_^;
うー、だめか、なんかチェーンみたいな小さいリングでも加工して付けるか、と思い始めた頃、ようやくうまく引っ掛けることができました。
コツはバネの引っ掛ける部分が自分に向くようにちょっとひねってあげるとうまく引っかかるようです(言葉ではうまく表現できませんが..)。

c0012304_13325054.jpg

で、ようやく完成!
ステンレスの曲げは「えいや」でやったので長さが合うかちょっと心配でしたが、ほぼ合っているみたい。
まあ、長さが違ったら切断して調節すればOKですね。

あと、ホントはゴトクが回転しないように固定加工するのがいいと思いますが、とりあえず上部にオプションの真鍮製ゴトクを乗っければ安定するみたいなので、とりあえずは今度考えよう。

c0012304_13363981.jpg

コールマンの小ぶりのランタンケースに入れてますが、これならそのまま収納可能です(^O^)
[PR]

by yutoweb | 2010-03-12 13:41 | キャンプ

<< やってます! キャンプ中!! >>